昔の思い出

rogoタキイ輪店のロゴマーク
昭和40年ごろ作成、作者不明
車輪のイメージに「タキイ」の三文字が組み込まれている

 

 

販売促進用手ぬぐい昭和40年ごろに瀧井康次郎と瀧井美代子が
配布用販売促進手ぬぐいを製作したときに
作ったマーク。

店に眠っていた手ぬぐいをサルベージして会社ロゴとして再利用した。

 

 

 

 

 

 

 

 

平成27年6月16日
タキイ輪店


DVC00277

1967年10月から一年間タツノコプロ製作、森永製菓一社スポンサーで全52回(全104話)の「おらぁグズラだど」というギャグアニメテレビ番組がありました。
そして当時タツノコプロとツノダがタイアップしてT.uグズラ(通称ママグズラ)という子供向け自転車が発売されヒットしました。
思い出のある品なので懐かしく思う方もいらっしゃると思います。
タキイ輪店では当時の自転車を展示品として保管してあります。

パンク修理や自転車選びに静岡市駿河区丸子の当店にお越しいただきました際には、懐かしい自転車に
目を留めてみてはいかがでしょうか。

DVC00278

DVC00280DVC00279
平成26年3月6日
タキイ輪店


利作とりゃう
昭和18年ごろ撮影された瀧井利作とりゃう

 

2013年2月21日に瀧井(瀧井利作の孫)さんのお宅に伺いタキイ輪店を発足させた瀧井利作とはどういう人なのか、その人となりを聞きにいきました。以下はそのうかがった内容を要約したものです。

私川上正夫の曽祖父の瀧井利作は私の祖父、瀧井康次郎同様に基本的に何もしゃべらない人だった。ただ、何もしゃべらず行動に移す人だった。

晩酌をする人で、一晩に日本酒の一合も飲み、タバコも吸った。キセルの先にタバコを挿してなんとなく吸っていたそうだ。

鮎釣りの解禁日を心待ちにしていて、解禁日にその日に一回だけ釣りに行く。あとは行かない。

私の母、川上葉子の利作との釣りの思い出だと、母が幼いとき一緒に沼に自転車に乗って釣りに出かけて気づいたら母は寝てしまったかどうかして、家にいて釣った魚が何匹かたらいに泳いでいるということがあったらしい。

たとえば見ず知らずのおっかない人がいると、みんなは近寄らないところをあえて水をやって「二杯でも三杯でも飲んでけー」という人だった。

言葉には出さないものの、みんなが面倒にならないように、後でガラガラ言われないように、ちゃんとまとめておけば気分が違うから、小さくまとめておいてくれる人だったそうだ。

人を動かすときは、難しい言葉を使わず、お風呂にはいる順番で皆がもめているときなど、子供っぽく「お風呂はいるのだれだっけー?」みたいに言って皆が和むように心を配る人だった。
自分だけ好きでいい。あんたっちは好きにやればいいは違うという思想の持ち主だった。

瀧井りゃう(読み方はりょう)は、浜松の繁盛していた薬屋のお嬢さんで、静岡の利作の元に嫁入りしたときに家政婦さんもついてくるほどのお嬢様の雰囲気で、お茶や華道、お琴、日本舞踊などいろいろな習い事をしていた。
とくに踊りが好きで、利作とは対照的に外に出るのが好きで、炊事洗濯は家政婦任せだったという。掃除は出来きた。家事仕事はお湯も沸かせたそうだ。
赤子をあやすのは難しく、私の兄(当時赤ん坊)を抱きかかえる方法を知らなかったらしい。

 

2013年2月23日
タキイ輪店


2013年2月2日に静岡駅地下にて、私は、60年以上前に通車町にタキイ輪店があったことを知っている人にであいました。

その人の思い出では、当時自転車というのは一軒の家に自転車があるということ自体がすごいことで、自転車を購入したらそれ専用の庭を造ったり、必ず夜は屋内に入れて雨ざらしにしないというほど大切なものだった。

その状態なので、通車町タキイ輪店では1時間5円という値段で、レンタル自転車を行っていて、近所の子供達がよく乗りに来ていたそうだ。

時間制なので、時間延滞したくないのか、ちょっと乗っては「今何時?」ちょっと乗っては「今何時?」と聞きにきていたのであまり楽しめてはいないようだった。

中には悪がきもいて、自転車にたくさん乗りたいから1時間どころか2時間くらいさんざん乗り回して時間延長しても、延滞料金を取られるが嫌だから、そーっと返しにいってそーっと返しておいた。という人もいた。
それでも怒られなかったとそのお爺さんは言っていた。

ただその当時いくら悪がきだからといってもその自転車を盗むという頭まではなかったと、言いました。

2013年2月3日
タキイ輪店




ブログパーツ アクセスランキング